FILCO Majestouch Ninja メカニカル キーボード

メカニカルキーボードが欲しくなり、購入。

ここ数年、仕事でも遊びでも、静電容量無接点方式の「PFU HHKB Professional2」を使っていて、これ以上の感覚は無いと思っているのですが、ユーザレビューとかで良さそうな記事が書いてあるので、興味本位の購入です。

まず、この「Majestouch シリーズ」キー配列とキースイッチの違いで種類が沢山あります。詳しくは「ダイヤテック」さんのページをご覧いただくとして


Majestouch2:4(黒、赤、茶、青)種類のキースイッチ、USB・PS/2接続、日本語(かなあり)・US配列、テンキーあり・なし
Majestouch2 Camouflage :4(黒、赤、茶、青)種類のキースイッチ、USB・PS/2接続、日本語(かなあり)・US配列、テンキーあり・なし
Majestouch2 Convertible:Majestouch2の無線(Bluetooth)、日本語(かなあり)のみ、テンキーありのみ
Majestouch BLACK:キー刻印が前面になったモデル、キー配列は日本語(かななし)のみ、テンキーあり・なし
Majestouch Ninja:BLACKの、US配列版



4種類のキースイッチは、キー下で押されたキーを電極に伝える部分で感触や音(打鍵感)に直接作用する大事な部分です。

これが、4種類の中から選ぶことができます。Majestouchで採用されているCherry MXシリーズの場合には、色によって微妙に違います。

私の場合、実際にショップなどで試した結果はこんな感じでした。

茶:軽い押し込み感覚で、最後にスイッチを押した感じが残る。普通のキーボードに近い。
黒:スイッチという感覚ではなく、直線的に押す感覚。普通のキーボードよりも押す感覚は重い。
赤:黒の重い感覚を軽くした感じ。
青:茶のスイッチ音を大きくした感じ。

私は、プログラムや文書を書くことが多く1日の中でキーを押す回数が多い(と思っている)ので、カチカチ音の出る「茶」と「青」は外し、残った「赤」と「黒」から「黒」を選択しました。キーの下まで押すことはないので、出来れば押したキーが早く上に戻ってきて欲しいということもあり、重い(つまりスイッチ内のスプリング剛性が強い)モデルを試してみました。

【化粧箱タイトル(US配列のみなので、輸出用を意識?)】


【品番と内容表示(US配列、黒軸)】


「NkeyRollover」とは、同時に押したキーの信号を伝えることができる機能です。
例えば、テキストエディタで「A」と「B」を同時に押し続けた場合、普通のキーボードは「abbbb...」または「baaaa...」となりますが、「NkeyRollover」の場合「ababab...」となります。

普通は役に立つことはないですが、ゲームなど同時押しを多用する(例えば斜め移動とか)に役に立ちます。

【製品内容】


キーボード本体と、PS/2変換アダプター、キートップ引抜治具、Windowsキー(前面刻印)



【キー刻印】


このキーボードの特徴として、キー前面に刻印があります。なぜか、「Windowsキー」だけ上にあるので、同梱しているキーで変更することができます。



真上や前から見ると、刻印が見えなくなります。何万回キーを押しても、刻印が削れることが無くなります。

【裏面】


滑り止めのゴムが取り付けられています。あまり使うことはありませんが、キーの角度を変更する足もあります。

【テンキーレス】


テンキーレスモデルなので、10キーはありません。カーソル移動キーや「F」「Home」「End」キーもあり、通常のキー配列として使うことができます。

【ケーブル】


キーボード側のケーブル接続は直接固定されています。

【前面Winキー】


同梱されている「Winキー」を取り付けると、こんな感じになります。

【インジケーター】


右上に2つのインジケーターがあり、「CapsLock」と「NumLock」時に点灯します。

【キー押込感】




押す前(上画像)とキー押し(下画像)が反応するまでのストロークです。1ミリくらいのキー押込で文字が打てる感覚になります。

黒軸の場合には、キーの反発も早いのでキーを最下部まで押し下げることなく文字を打ち続けることができるようになりました。

【全体(HHKBとの比較)】
まず、キーボード全体が重いです。ケースなどが存在する、HHKBが持ち運ぶこと前提にして作られているのに比べて、重いです。(自宅と仕事場をキーボードを持って移動するという形では使い辛いと思います)
その分、全体の剛性(ねじれや傾き)やすべり止めは確保されるのでトレードオフです。

キーは配列も「Ctrl」キーのレイアウトや「F」キーや「Home」「End」キーまで省略されたHHKBと比べて、通常レイアウトなので、扱いやすいです。(HHKBレイアウトに慣れていると、最初戸惑いますが、すぐに慣れました)

打鍵感は「静電容量無接点方式(HHKB)」はピアノを弾く(スコスコ)で、「メカニカル(Majestouch Ninja)」がオルガンを弾く(カチャカチャ)ような感じでした。

どちらもキーの反応は早いので、好みになりますが押込ストロークが少ないのは「Majestouch Ninja(メカニカル 黒軸)」でした。HHKBの半分くらいのストロークでキーが反応します。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック